お手続きの流れ

  • TOP >
  • お手続きの流れ

ご相談から解決まで

STEP1
法律相談のご連絡

法律相談は予約制ですので、メールフォームまたはお電話にてご連絡ください。
ご連絡の際に、ご相談者のお名前、ご連絡先、ご希望の相談日時、大まかな相談内容、現在のご状況などを伺います。

メールでのお問い合わせはこちら

電話:03-5927-1374

相談時間:平日10時~21時、土曜14時~21時

STEP2
相談日時の確認

ご連絡いただいた後、折り返し当事務所からご連絡させていただきます。
ご相談者のご希望や弁護士のスケジュールなどから相談日時を決定します(18時以降や土曜日も、事前予約により調整可能な場合があります)。
ご相談時に必要な書類などについても、この際にご案内いたします。

STEP3
ご相談日当日

ご予約いただいた日時に当事務所へお越しください。
当事務所内のご相談スペースにて、弁護士が詳しいご相談内容を伺います。

必要書類等については相談予約の際にできる限りご案内しておりますが、ご相談内容に関係すると思われる書類やお写真などがございましたら、お持ちください(内容の有利・不利を問わず、資料をお持ち頂けたほうがより具体的な助言ができることになります)。
また、可能であれば、時系列に沿ってご相談内容の概要をまとめたメモなどをお持ちいただけますと、ご相談をスムーズに進めることができます。
その場で弁護士に依頼をご決定されることもありますので、念のためご印鑑をお持ちください。

STEP4
ご相談およびご提案

弁護士が詳しいご相談内容を伺い、お持ちいただいた書類を検討するなどして、ご相談者のご質問にお答えします。
今後の見通しやリスク、メリット・デメリットなどについての十分なご説明と、最適な解決方法のご提案をいたします。
弁護士からのアドバイスの内容にご不明な点やご要望がございましたら、お気軽にお伝えください。

STEP5
ご依頼

ご相談以降も引き続き文書作成、交渉、裁判手続などの業務のご依頼を希望される場合は、委任契約を締結させていただきます。
もちろん、ご相談当日に依頼しなければならないということはありません。よくお考えになった上で、決めてください。
ご依頼いただく場合は、費用および委任契約の内容を十分に説明させていただき、委任契約書を作成します。

STEP6
事件の着手

ご依頼を受けた事件に着手して処理を開始します(多くの場合には、着手金のお支払いをいただいた後に着手という流れになります)。
交渉事案であれば、紛争の相手方に対しご依頼者の要望などを伝え、交渉を開始します。
裁判手続きであれば、裁判所へ提出する必要のある書類を作成し、提出します。
ご相談者が裁判の被告であるなど、相手方から要求・請求を受ける立場の場合には、相手の主張に対する反論や当方の主張を記載した書面を作成して、提出します。

STEP7
事件の解決・ご報告

事件の着手後は、ご依頼者には随時、電話または書面にて経過をご報告いたします。適宜、打ち合わせもさせていただき、ご依頼者のご意向を確認しながら事件処理を進めてまいります。
事件が和解、示談、調停成立、判決などにより解決した場合には、成果に応じた報酬金をお支払いただき(相手方から支払いを受けている場合には、そちらの支払いから精算をさせていただき)、実費を精算して、お預かりしていた書類などを返還して、終了するという流れになります。